名古屋の猫専門お悩み相談所&ペットシッター「にゃんコール」

Blog by Yuko Suzuki

「猫との暮らしを楽しむ」ブログ

ウイルスなんかに負けない!免疫細胞をパワーアップするために

愛猫との暮らし

2020.09.30

ぽんず氏です。

 

ぽんたまは、免疫力が強いのか、具合が悪くなっても、すぐに回復したりして、すごいなぁと思ってます。

 

今、世界中の人間界で大変なことになっている「新型コロナウイルス」。「コロナ」という言葉はすっかりわたし達の日常に定着してしまいました。そして、実はにゃんこ界にもあるコロナの仲間が「猫コロナウイルス」なんです。「猫コロナウイルス」は、大抵の場合感染しても重い症状を起こすことのないウイルスですが、このウイルスに感染している猫さん(キャリア)は、7割とも8割とも言われています。


注:新型コロナウイルスと猫コロナウイルスは別物です。また一部の報道にあります「新型コロナウイルスが猫に感染する」については現時点では諸説あり、ここでは話題にしません。


 

他に、猫さんが感染するウイルスといえば、猫エイズウイルス、猫白血病ウイルス(パルボ)等々あります。

 

数ヶ月前ある飼い主さんから、猫さんがそんなウイルスに感染(キャリア)していても、ウイルスを暴走させないために『免疫力ップのためにできることはありますか?』というお悩み相談を受けました。

 

わたしたち人間の間では、新型コロナやインフルエンザウイルスのようなウイルスに感染しないために、そして、感染しても重篤化しないためにも免疫力が大切と言われます。

これは、猫さんたちも同じだったりします。

 

「免疫力アップ」には色々な考え方があるのですが、その前に免疫力ってにゃんだ?について、ちょっとだけお話したいなぁと思います。

 

◎免疫力ってにゃんだ?

免疫力を出してくれる免疫細胞さん。

何種類かあるのですが、免疫細胞さんたちは、

腸管内で50%(ある資料によると70%)が作られていると言われています。

これは人のお話しですが、猫さんたちにもいえることです。

そしてとくに、小腸がとっても大切です。

そこには、腸管上皮間リンパ球といって、T細胞が存在するところやパイエル板という領域があり、T細胞、B細胞、樹状細胞などの主要な免疫細胞が集中して存在しているので、ウイルスや細菌などの侵入者を排除してくれます。

実際、小腸がんって本当に稀ながんなのですが、これは何故かいうと、仮に小腸にがんが発生しても 免疫細胞たちがわんさかいるので、すぐに退治してくれるからなのです。

逆に言うと、小腸がんになってしまうということは、免疫細胞もかなり弱ってしまってるという事になります。

 

◎免疫力を高めるために

免疫力を高めるって色々な考え方があります。でも、ひとつだけあげてお伝えするなら、「小腸を元気に整えることが大切」かなって思います。

いわゆる「腸活」です。「健康のために腸内環境が大切!」というのは、にゃんこも同じ。

 

じゃあ、具体的にどんな方法があるのかにゃ、というと、これもひとつだけあげてお伝えするなら、キーになるって考えているのは、「乳酸菌」です。

 

猫さんに関するQ &Aをまとめた「過去のお悩みQ&A」の「エイズキャリア+ヘルペスウィルスキャリアの子の免疫力を高めてあげるには?」では、実際に、ご相談者さまにお話させていただいた具体的なやりとり、お伝えさせていただいた方法をまとめていてます。

 

この記事は、にゃんコール会員さん限定のQ &Aになってるのですが、他にも、どなたでもお読みいただけるものも、たくさんありますので、ご興味がある方は読んでくださいませ。

過去のお悩みQ&A

 

ブログ一覧に戻る

Categoryカテゴリー

NewPost新着記事

Ranking人気の記事

Archiveアーカイブ